妊婦に必要な葉酸の量とは

妊婦さんにとって必須の栄養素の一つである葉酸の摂取については、厚生労働省によって具体的な推奨量が示されています。
一般成人男女で200μg/日のところ、妊婦の場合は倍の400μgとなっています。
そしてこの数字は食品以外のサプリなどでの摂取を前提としており、中でも合成葉酸サプリによる摂取量をあらわしています。
合成葉酸は天然葉酸にくらべて体内吸収率が非常に高いことが特徴です。

 

自然由来の食品だけで推奨量を葉酸を補おうとすると、どんなに葉酸を多く含んだ食べ物をチョイスしてもかなり大量に食べなければなりません。
つわりなどでただでさえ食が進みにくい妊娠期にはちょっとハードルが高いノルマですね。
その点サプリの力を借りれば、正確な必要量を毎日規則正しくかつ気軽に摂取することができます。
サプリはほとんどが錠剤タイプかカプセルタイプなので、何も口にしたくないような時でもお水だけで簡単に飲むことが可能です。

 

摂取するべき時期ですが、妊娠1ヶ月前〜妊娠初期(妊娠12週くらい)が特に重要な時期とされています。
妊娠初期は胎児の細胞分裂が活発で、先天性異常などのリスクをできるだけ減少させるにはしっかり葉酸を摂取しておく必要があります。

 

ただしどんな栄養素にもいえることですが、摂りすぎると逆効果となるので要注意です。
葉酸の摂取上限量は1000μg/日とされており、これを超える量を摂取することにより吐き気をはじめ色々な症状を引き起こすおそれがあります。