葉酸を含んでいる食品

葉酸というのはビタミンB郡の一種の水溶性ビタミンで、主に血液を作る作用があります。
妊娠中においてはお腹の赤ちゃんの神経管閉鎖障害や無脳症といった先天性異常のリスクを減少させる効果がある重要な栄養素です。
特に胎児の細胞分裂が活発な妊娠初期には積極的に摂取する必要があります。

 

葉酸を多く含む食品としては、ほうれんそう・レバー・ブロッコリー・枝豆・アスパラガス・イチゴなどが挙げられます。
日常の食生活の中で工夫をしながら、できるだけ多くの葉酸を摂取することが大切です。
ただ妊娠中はつわりなどで食事も理想どおりにできないことも少なくありません。
また葉酸は水に溶けやすく熱にも弱いため、調理中に溶け出したり分解されてしまうという性質があります。
実際の体内吸収率は50%前後ともいわれており、食品だけで必要量を補うのはなかなか難しいのが葉酸なのです。

 

このため厚生労働省では妊活中や妊娠初期の女性に対して400μg/1日を必要摂取量とし、食品以外のサプリメントなどでの摂取を推奨しています。
葉酸サプリの体内吸収率は85%前後のものが多く、効率的かつ確実に栄養素を摂取できるのです。
ちなみに摂取上限量は1000μgとされ、これを超えると吐き気やかゆみといった症状があらわれることがあるので摂りすぎには注意が必要です。

 

葉酸は赤ちゃんのためだけでなく、妊娠中の女性の貧血予防にも役立ちます。
また授乳期には赤ちゃんの発達障害のリスクを減少させる効果も期待できます。
バランスの取れた食事とサプリでしっかり葉酸を摂取しながら、健やかなマタニティライフを送りましょう。